​当院について

概要

清水ヶ丘病院は地域に密着する医療福祉の架け橋の福祉医療施設です。

内科を中心とした外来と長期療養の病床を完備しています。

恵まれない方々に、また困ったことの起きたときに親身になって相談にのり、力になれるよう努力しています。医療・看護の原点を大切に患者さん本位の病院づくりをめざしています。

横浜の療養型病院(療養型病棟への入院相談受付中)

重症・複雑な疾患のために食事が自分でとれずにベッド上生活、自宅介護困難である、また身寄りのない方なども入院加療されています。

・一般外来(一般内科・皮膚科・精神科)

・健康診断(横浜市健康診査・横浜市がん検診・定期検診・特定健診・肝炎ウィルス検査)

・予防接種(成人肺炎球菌・インフルエンザ)

沿革

1953年12月

明徳診療所(清水ヶ丘病院の前身)が横浜市南区庚台48番地に設立される。

1968年  9月

清水ヶ丘ホームが福祉施設として発展、建て直され、医療機関として明徳診療所も現在地に移る。

 

1974年10月

病院開設が許可され、名称を「財団法人明徳会清水ヶ丘病院」と改称する。

 

2003年  5月

新しい病院施設基準に見合った病床とすべく、病棟中心に全面改修を行い、病床は51床となる。

 

2005年  3月

清水ヶ丘ホームが廃止

 

2009年10月

4階部分を改修し、療養35床、一般22床、合計57床となる。

 

2010年  2月

全床を療養病床に変更。

 

2012年  2月

公益性が認められ、公益財団法人に移行。

 

2012年  7月

療養病床60床に増床

 

2017年12月

全館にスプリンクラー設置

施設概要

敷地面積  :1,382m²

延床面積  :鉄筋4階建 延2,175m²

主な検査機器:レントゲンTV、内視鏡、ホルター心電図、肺機能、眼底カメラ、骨塩定量検査

ベッド数  :60床

職員    :70名

刊行物

ご自由にダウンロードしていただけます

病院案内

病院だより2019年9月号

病院だより2019年5月号

病院だより2019年1月号

病院だより2018年10月号

スクリーンショット 2020-03-03 18.20.30.png
スクリーンショット 2020-03-03 18.20.15.png
スクリーンショット 2020-03-03 18.19.07.png
スクリーンショット 2020-03-03 18.18.48.png
スクリーンショット 2020-03-03 18.17.42.png